ココナッツオイルでケトジェニックダイエット

ココナッツオイルがダイエットに必需とダウンタウンの司会する「教訓のススメ」で紹介されていましたね。
実際の所はどうなんでしょうか?調べました。

番組内ではココナツオイルに含まれる中佐脂肪酸が肝臓でケトン体という物質に生成され、このケトン体は、脳にとっての重要な栄養素である為近年では、認知症の改善に役立ったという報告がされているそうなんです。

ビックリですね、番組内で取り上げていたメインテーマの高齢化社会においては認知症の予防や克服が重大課題ですからね。

さて、ダイエットに効果がというのは、番組内でココナッツオイルを紹介していたドクター自身が、このココナッツオイルで、18kgもダイエットに成功したとの話もされていました。

ケトジェニックダイエットというのだそうです。

これは、ココナッツオイル自体にダイエット効果があるというのではないのです。

糖質を抜くダイエットが今や人気ですが、この糖質を抜くダイエットにおいて単に糖質を摂取しないだけでは大きな落とし穴があるのだそうです。

というのも、私たちの脳は、糖分を栄養素に機能しているからなのです。
糖質を抜いてしまうことで、脳の必要な栄養をも奪ってしまう為、危険もあるわけですね。


そこで、脳が必要とする栄養素のケトン体という糖分をを肝臓で生成する中だ脂肪酸を多く含んだものを摂取しようということで、ココナッツオイルが、最適だというわけなのです。

脳には栄養をきちんと栄養を与えながら、糖質を抜いて糖質を抜いてダイエットするということです。

必要量は1日にココナツオイル〔食用ですよ)をスプーン1~2杯程度を摂取する野が良いのだそうです。


ですが・・、番組内でも実際出演者が摂取してましたが、美味しくは内容で、継続的にスプーンで飲み続けるのはどうも無理そうな感じでした。


そこで、良い方法としては、カレーやスープなどの調理に混ぜるのが良いようです。

中佐脂肪酸は熱にも強いので、調理の熱で、壊れる物ではないからだそうです。


番組内で紹介されていた、エキストラバージンのココナッツオイル
↓↓↓



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|